So-net無料ブログ作成
検索選択

連峰の西側 [初夏の花]

taira61 252.jpg
この日は新潟から凄まじい風が吹いていて、ひっきりなしに来るガスが太陽を隠していて寒いってもんじゃない。こうなってしまうと初夏ではなくてまるで冬だ。鞍部は風を避けるための岩もないので吹きっ晒しの中を歩かなきゃいけない。例のマツダランプの遭難(←知らない方は記事見てね)の事を思い出してしまった。
taira61 042.jpg

taira61 034.jpg
雪解け箇所でやっぱり一番早いのはミツバオウレンでした。


山では初夏や秋に凍死する人がいる。それはその季節から来る軽装及び認識&準備不足がほとんどと思われる(←普段から鍛えておりきちんとした体力がある事は言うまでも無くすべての大前提ですが)。
雨と風にやられたら一気に体温、体力を奪われる。谷川連峰の内側を歩く時は日帰り予定だろうともしものためにツエルトくらいは持っていかなきゃダメだなと改めて思った次第。
taira61 057.jpg
ここからどうしようかと躊躇した。晴れているのならばここから先が最高の場所なのだが。
taira61 058.jpg


仙ノ倉のお花畑まで行ってみたが人っ子一人いねー。いるわけないか。暴風と霧で怖いくらいだった。
taira61 099.jpg
雨に打たれてもそれでも花は咲いていた。きっと、生きるってこういうことだと思う。



taira61 083.jpg
私の大好きなハクサンコザクラも寒そうだ。


taira61 088.jpg
コメバツガザクラ


taira61 064.jpg
ミネズオウ(嶺蘇芳)
しかし展望はまったく利かないホワイトアウト。風の強さは台風並みで相変らず尋常じゃない。


で、花の写真でも撮りながらゆっくり下る事にした。
taira61 348.jpg

いいのだいいのだ天気がいい日にまた来るのだ、谷川周辺はこういう日がほとんどなのだと自分で納得する(本当は悔しいです!)。

taira61 145.jpg
ハクサンイチゲ




taira61 265.jpg
下りです。歩く稜線が全部見えるのはやっぱりいいねぇ。




taira61 321.jpg
下山を開始してしばらくしてから山頂を振り返るとガスがとれてきており青空すら見えてきた。
…よくある事だなと下りながら苦笑い。気持ちのギアチェンジをしてしまったからさすがにこれから戻る気力はないぞ。
ちなみに一番右が山頂です。



下るほどに花が増えてきた。
taira61 262.jpg
シラネアオイ

taira61 272.jpg
「高嶺の花」とはよく言ったものだなあ。高貴な紫が素晴らしい。



taira61 300.jpg
イワカガミ
イワウチワは全く見かけずでイワナシは散り始めていた。イワカガミの季節がやってきた。初夏だね。





taira61 290.jpg



taira61 346.jpg
こういう稜線歩きは登りも下りも大好きだ。
向こうの雲の中から残雪の苗場山系も徐々に見えてきた。こういう日もいいんじゃない。



taira61 372.jpg
オオカメノキ
だいぶ下ってくると気温がかなり上がり、着ていた防寒具を次々と脱ぐ事になる。
子供の頃に読んだ「北風と太陽」の旅人ですね。




taira61 216.jpg
アズマシャクナゲ


taira61 389.jpg
ムラサキヤシオ




taira61 482.jpg
テーブルマウンテンの苗場山。でっかい。



taira61 427.jpg
中間地点の松手山から平標の稜線
ちょうど松手山の付近が森林限界なので、晴れていればここから上は大変楽しい稜線歩きなのだが。
そしてここから下は樹林帯となる。







taira61 512.jpg
ハルリンドウ?フデリンドウ?タテヤマリンドウ?


taira61 553.jpg
アカモノ(イワハゼ)

taira61 502.jpg


taira61 532.jpg
花は1センチあるかないかくらいでなんともかわいらしい。これは草ではなくてツツジ科の低木です。



taira61 439.jpg
ミヤマキンバイ? エチゴキジムシロ?



taira61 529.jpg




taira61 453.jpg
巨大な鉄塔を過ぎると苗場プリンスホテルもずいぶん近くなった。まもなく山ともお別れだ。




taira61 538.jpg
ベニサラサドウダン



taira61 559.jpg
サラサドウダン



クルマムグラ.jpg
クルマムグラ

その他お花はスミレ各種やチゴユリなどたくさんありました。


taira61 526.jpg
ここまで下りて来たらエゾハルゼミが元気よく鳴き日差しがやたらまぶしい。地面では無数のバッタが飛び跳ねている。動き出しているのは花だけじゃないな。夏山がこれから始まるって感じだ。歩き足らなかったがまだまだこれからなんだ。
新潟特有の初夏ののんびりとした雰囲気がとても好きだ。私の家のルーツが新潟だからなのか?
ともかくまた来るぜ仙ノ倉!と誰もいない駐車場でクラクションを2つばかり鳴らし、我が先祖も関東入りの時に超えて来たであろう三国峠方向に向かって車を走らせた。




nice!(18)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 18

コメント 22

よしころん

こんばんは~^^
カズさん、今日行ってたの?
私も先週に引き続き火曜は登山日和だわぁ、と思ってたら~仙ノ倉山でしたか。
まぁまぁ、山は逃げないって誰かが言ってたし ^^;
お花達に迎えてもらってよかったですね♪
リベンジ楽しみにしてます ^^v
by よしころん (2009-06-02 20:26) 

ぐりこママ

慣れた山ほど無理をしてしまいそうですが・・・(きっと私なんかだったら)
「よし、ここで戻る!」という決断を下すのは悔しいですが大事なことですよね。
遠くまで見ることが出来る稜線歩きはいいなぁ~!お花もたくさん咲いて・・・
アカモノが可愛い~!たまりません[__ハートx2]
by ぐりこママ (2009-06-02 21:11) 

よしころん

たびたび失礼します。
今マツダランプの記事を読み返したら、私が初めてカズさんにコメントした記事。
しかも同じ日に谷川登ってたんですよね。
なんとこの日コメント入れただけでnice!入れ忘れていたようだったので、今頃入れておきました ^^;
あぁ~憧れの稜線が。また夢に見そうです。
by よしころん (2009-06-02 21:43) 

sara-papa

正しい選択だったのでしょう。
以前、私たちが谷川山頂に立った時もホワイトアウトに近い状態でした。
記念撮影をする後がどうなっているのか、知らぬが仏の方たちが多かったことを記憶しています。
知っている方は、怖い怖いと言いながら写真撮影されていましたので。。。
下山時に山頂が晴れたのを見て、もう一度行きたいとさすがに思いましたよ。
そう、また登れば良い。
それで良いのですね!(^_-)-☆
by sara-papa (2009-06-02 22:12) 

ももこ

平標山好きでよく行く山です、早速のお花、一番のりですね(*^^)v
数年前知人が遭難した山です、無事の下山何よりでした。

by ももこ (2009-06-02 23:52) 

Green

おはようございます
カズさんの記事に見とれていて・・・
気がついたらこんな時間になってしまいました~!
(かれこれ50分近くも読んでいたことになります(^^; )
コメント入れようと思いましたが、もう朝食の準備をしなくてはなりません。
カズさんの写真は自然の美しさを教えてくださいますね[ぴかぴか]
by Green (2009-06-03 05:37) 

hito

美しい自然がいっぱいで澄んだ空気を感じるようです。
アカモノって可愛いですね。
by hito (2009-06-03 07:08) 

こぎん

そこまで自力で登らないと見られないお花って・・・あるのね~。
この先に、あの山にまだ見ぬ花があるんだね~って思う・・・けど。
無理! (^w^)
カズちんに見せてもらえて、幸せ~と感じます。
エゾハルゼミの声・・・聞きたいです。せめて、アカモノだけもお会いしたいです。


by こぎん (2009-06-03 08:13) 

いろは

こんにちは^^
悔しいけれど、山を下りる決断をするって大事ですね〜
風雪に耐えてこそ、この美しいお花たちが輝くのでしょうね!
アカモノ、観る事が出来ましたが、写真が・・・(-_-;)
リフトを降りてから息子は歩いて下山しましたが、道に迷ってしまったそうです(^_^;)
でも素敵なお花たちに会えたようですよ〜♪
エゾハルゼミの声、聞くことが出来ました!
カズさんから伺っていなかったら、ぐりこママさんのように、カエルと思ったでしょうね〜(^_^;)
山の上は風が強くて、写真を撮るのはとても大変!!
フデリンドウに会いたかったです。
少々風邪ぎみです・・・
by いろは (2009-06-03 13:23) 

めりっさ

お天気が…残念でしたね。でも山で無理は禁物ですものね。
でもお花がいろいろ。これはわくわくしますね!
コメバツガザクラちっちゃくてかわいい♪ すごく気になるお花です!
シラネアオイは貴婦人のような美しさと風格ですね。
いつもながら、周囲の山の位置関係がスラスラ言えるカズさん、すごいです!
by めりっさ (2009-06-03 14:51) 

ララアント

ただ ぼおっと カズさんの画像を追うだけになっています。
でも 振り返れば ガスが消え 山の稜線が・・・そして いつもの
可愛らしい花たちが・・・
ありがとうございました。
by ララアント (2009-06-03 16:24) 

achami

それでも行っちゃうんですねぇ〜^^
でも、こんなに素敵なお花達に逢えるのなら、行っちゃうかぁ〜!
by achami (2009-06-03 21:32) 

joyclimb

花が多く、どの稜線も歩くと気持ちよさそうですね!
途中で撤退するのは悔しいですが、
やはり安全の確保が一番と思います。

by joyclimb (2009-06-03 23:02) 

きのこ

やっぱり平標山いいですね!!
行きたいっ!!
「悔しいですっ!!」で笑ってしまったのは私だけでしょうか・・・。笑
那須岳の日記でカズさんに教えて頂いたアカモノ、ピチピチの姿は最高にキュート♪ハクサンコザクラとコメバツガザクラって桜なのかしら??へーー。
可愛いお花達には本当にいつも癒されます。カズさんありがとうございまーす!!
by きのこ (2009-06-04 19:59) 

えらん

こんばんは。かなーりご無沙汰しております。
山も行くことがなくなり、すっかりただのサラリーマンに(笑)
それでも今月、いつもの温泉幹事でみんなを連れて行くのですが今年はちょうど
こちらの方面です。大変参考になりました。ありがとうございます。
梅雨だからうちのグループも撤退になっちゃうかな。。。

久しぶりに自分のブログを覗いてみたら、こちらのよしころんさんに遊びに来て
いただいていたんですね。
カズさんの紹介かな?
後でお返事させていただきますね~。
by えらん (2009-06-04 23:14) 

大井にゃんこ

こんにちは。
いつかはチャレンジしたい谷川岳ですが、初心者の自分にはいつになる事やら…。体もいつまでも動く訳ではないですしね~。
やっぱり山は舐めてかかっては駄目ですね。引き返す勇気も必要かと…でも初めての本格登山(といっても800mの山ですが)で熱中症になった時、誰も居ないのに無理して頂上まで行きましたが…ヒクマも出る山だし、結構無謀だったのかな(^^;。
そうは言ってもお花には癒されますね~。頑張ろうって励みになりますv

(スミマセン!HN間違えて貼っちゃいました!!わーん…気付いた時にはポチってました。お手数ですが上の記事は消してください~)
by 大井にゃんこ (2009-06-07 12:12) 

旅爺さん

カズさんが歩いてる姿が見えるようです。
「ここからどうしようかと躊躇した・・」戻って正解ですよ、決断は悩みますね。
私もカズさんの前の頃の記事を見て行きたいと思っていた谷川岳に行ってきました
でも家内となのでハイキング以下の旅でしたけどね。
by 旅爺さん (2009-06-07 20:40) 

リフソロ

よく「山をなめるな!」って聞きます。本当なんですね。
花の写真を見ていると、その時々の気候までが伝わってきます。
by リフソロ (2009-06-08 17:46) 

HEIJI

山の花は良いですねー。
おかげさまで、先日は良い思いをしてきました。
アカモノ、自分は見そびれました・・・残念。

by HEIJI (2009-06-09 01:13) 

カズ

☆よしころんさん
山は逃げない、そうなんですよね。必ずいい天気の日はあります。
お天気の日は本当にここはハイジの草原のような世界が待っているので、今日は晴れるというときはぜひ狙ってください。でも谷川岳もいいし、白毛門も捨てがたいし~~。

☆ぐりこママさん
こういう稜線がずっと見える山と言ったら近場では那須の三本槍方向とか?視界が利くのはいいですよねー。アカモノは那須もあるので(朝日岳に向かう途中にある剣ヶ峰付近とか)機会があったらお出かけしてみるといいかも。もちろんお天気の日にですけどね!

☆sara-papaさん
そうそう、この辺は「晴れない」ことを前提にしていないとやってられないわけですよ。また来るぜ!くらいじゃないと。

☆ももこさん
ここはお知り合いが遭難されているのですか。。簡単に見える山なのですけどそれは山のマジックでしょうね。こういう広いところは青森の八甲田山もそうでしょうけどね。スキーやスノボでの遭難は多いですが、登山もここは多いので注意しなきゃいけないですね。

☆Greenさん
どこか心の片隅に引っかかるような記事が書けたらいいなあと思っています。そういっていただけるのは嬉しいです!ブログも気がついたらすぐに時間が過ぎてしまいますね!
by カズ (2009-06-10 20:43) 

カズ

☆hitoさん
この辺は自然しかない感じですけどね(笑)
アカモノは本当にかわいらしい花をつけますよ~。すっごい小さいんですけど主張がすごい!

☆こぎんさん
アカモノは見られる場所は探せば結構あると思います。例えば見やすいのは那須。那須の茶臼岳の北側にある朝日岳の手前にある剣が峰の付近とか。
コケモモとかこぎんさん好みだろうなと思う花もありますよ!

☆いろはさん
お風邪の具合はいかがでしょう。。。またお天気が崩れていてこのまま梅雨入りしそうな雰囲気ですね。いろいろ起きてしまったようで私のコーディネートが原因かもしれませんので本当にごめんなさい。
アカモノは皆さんにもやはり人気があるようですね。とてもかわいらしいので無理も無いのですが、あー日光植物園のお天気が悔やまれます。。
天神峠の下のところでHEIJIさんはどのようなお花を見ることが出来たのでしょうね!

☆めりっささん
コメバツガザクラがお好きですか~!これ本当にちっこい花なんですよ。5ミリくらい?大風が吹いているような環境なので大きな木は育たないので、地面を這うように伸びる小さな低木なんですけど。そこに可憐な花をたくさんつけていましたよ!

☆ララアントさん
天気が悪くてもお花が咲いているだけで楽しいですよね!花はちょっと早かったのでもう1回くらい行ってもいいかな!?と。

☆achamiさん
かわいいお花を見にぜひ山に行っちゃってくださいませませ。
感動すると思う。
by カズ (2009-06-10 21:08) 

カズ

☆joyclimbさん
そうですね~、また行けばいいのですよね。
ここは花がとても多い山域で、アルプスよりも標高が低いですから6月にハクサンイチゲなどがたくさん咲いてしまいます。

☆きのこさん
悔しいです!!あのドラマ好きだったな~(笑)。
この辺は冬はボーダーもたくさん入るので、偵察も兼ねて行ってみてもいいかもしれないですね!場所的にちょっと電車では厳しいので、関越から月夜野ICで降りて三国トンネルを過ぎて苗場スキー場を左に見たらわりとすぐ、右側に駐車場があります。そこが登山口です。
ハクサンコザクラとコメバツガザクラは桜ではないですよ!行って実際に見てみればわかりますよ(笑)。アカモノは谷川岳にも多いので、6月中ならかわいい姿が見られますよ♪

☆えらんさん
こっち方面て谷川ですか?6月中旬以降は花も咲き出しているのでいいと思いますよ~。天神尾根でしたら、肩の小屋の直下は雪渓が残るかもしれません。ロープも張ってあるはずだしそんなに厳しいものではないですが、軽アイゼンくらいはあってもいいのかな?6月後半なら大丈夫とは思いますけど。
よしころんさんの安達太良山の記事で7月が~とありましたので、そういえばえらんさんが行ってたよなあと思い出しまして。私も参考になりました!

☆大井にゃんこさん
谷川岳はロープウェイもあるので、慣れていない方はきついと思うけど2時間半もあれば山頂に立てますよ~。お花も多いので、体調や経験と相談して登る計画をじっくり立ててみてもいいかもしれませんね。別世界が待っていると思います。

☆旅爺さん
おおー、谷川デビューしてたんだ~!思った以上にすごかった?すごいよねー!
山で撤退する決断は大事ですよね。だめなものはだめだし自分の能力を超えているものに逆らっちゃだめだなあ。

☆リフソロさん
そうなんですよね、山をなめるななのです。
お天気によってまったく違う顔を見せるのが山なのです。危険と思ったらやめておくべきでしょうね~。花の咲く時期になってきました。

☆HEIJIさん
先日はいい旅になってくれたのでしょうか。。
谷川岳はお天気もとてもよかったと伺っておりますのでそれはホッとしました。
何か珍しいお花を見たとか?なんのお花なんでしょう~!

by カズ (2009-06-10 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。