So-net無料ブログ作成

思ったこと

山登りは総合力のスポーツです。
その人の体力、そして頭脳、知識、判断、決断、今までの経験、情報収集(無責任な人間の発言に騙されないことも大事)、天候、準備、状況判断、持久力、瞬発力、体調、今現在の自分自身を客観的に見ることができているのか?とにかくその人が背負っているもの全てを使ってやるもの。これはすべての大前提。コンビで行こうがパーティーで行こうが基本は個人競技。頼れるのは自分の体力と足。



山が笑ってくれている限りは誰でも楽しめる。一生の思い出に残る山行になるはずだったのでしょう。
が、一転山が怒り出したら大変な事態になることがある。

いろいろ疑問の残ることがありますが企画段階からおかしいのでは。
寄せ集めのついさっき出会った人たちと一緒に山を泊まりながら行動なんて私には怖くてできません。しかも北海道への遠征、長距離の歩きを強いられる登山としてはだいぶご高齢の18人の団体とか?ガイドが全員の健康状態や力量をきちんと把握できていたのか?天候の判断は?すべてが刻々と変化する事をすべてこなせるとは思いません。


ツアーというのは本当に怖い。
ガイドの力がまずわからないし責任もリーダーシップもわからない。ガイドは安全面を第一に考えながらも、同時に会社からの「利益を出せ」の板挟みにあっている可能性はかなり高い。客も高いお金を払って時間をかけて来ているので中止といえば不満を言い出すのも多いはず。会社と客(お得意様)の間にいるガイド、安定しない天候でもGOを優先しやすい。そんなガイドに、ついさっき会った人に命を預けられますか?
集まったツアー客も寄せ集めですからお互いどういう人がいるかもわからない。個人で知識や体力やスピードの違いももちろんある。
気心の知れた、相手の性格や力を知っている「チーム」として行動するのならまだしも、見ず知らずの人たち多数で団体行動なんて俺はご免です。そんな中で一緒に死にたくはない。
まともなリーダーのいるチームならば意思が統一できるはずなのです。健康面もよくわかるし意見を交わすだろうし、今日は天候がやばそうだ。やめないか?となるはずなのです。
知り合ってすぐに突っ込んだ話をするのはまず無理ですよね。帰りの飛行機まで組まれたスケジュール、他人への気兼ね遠慮もある。疲れていても休めない。惰性で動かなきゃいけなくなることもたぶんある。
ツアー参加者も考えがそこまで及んでおらずかなり甘かった。山をまともにやっていた人たちとは全然思えない。
それと、会社はガイドに最終的な判断は任せているというが、事故が起こったらまるでトカゲの尻尾きりみたいじゃないか。企画したのは会社だろうに。

中高年の方が遭難するケースが非常に多いですが、山がどんなところか理解しまともな山歩きをしていない人、現時点での自分の力を客観的に見えていない人はそれは遭難するでしょう。
遭難していなくてもそれは今までしていないことが単にラッキーだったとも言えます。自身を客観的に見ていない(自分の衰えというものを認めていない人も含む)遭難者予備軍が今は山にたくさん入っています。北アルプスのどこどこに登った、次はどこどこだ、百名山だ、この一眼レフできれいな写真を撮って周りに自慢しちゃうぞ~!ミーハー気分で山はできない。

夏山は素晴らしいです。花、景色、すべてが。
ネットやメディアを通してそれは視覚で訴えてきますね。美しい写真を載せてくれるブログもたくさんあります。
しかしそれは大きな落とし穴です。きれいなところしか見せないテレビやネットや映画や誇大広告や山の業界に踊らされる。また、一度いい景色を見てしまうとそれがどんどんエスカレートして中毒になっていることもよくある。次から次へと出かけたくなるのです。
自分もこの景色をあの花を見られるのではないか、ぜひ見たい!と調子づいてひょいひょいと観光気分で自分の能力を明らかに超えている高い山に出かける。そして…


登山は「極めて非日常的」な事をしているのだということを忘れてはいけないと思います。
どんな山でもすぐ隣には死の危険があるということですね。どんな低い山でもです。
自戒を込めて。




続きを読む


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。