So-net無料ブログ作成

女峰山のニョホウチドリ [奥日光]




09720女峰 001.jpg
いろは坂を登っているとだんだん明るくなってきて背中から太陽が昇ってきたのがわかった。途中の黒髪平に停車してしばらく朝日に見惚れてしまった。生まれたばかりの空というのはいいものですね。



女峰山は男体山のお嫁さんの位置づけにあり標高もほとんど同じです。
どのルートも長いのですけどそれでも裏男体の「志津乗越」からが一番近い。5時半に到着しましたがすでに車が20台くらい停めてありました。連休中とはいえこんなに??と驚いてしまいましたがほとんどの人は男体山に向かいました。

志津から林道をしばらく歩き、馬立~唐沢小屋を経由して女峰山(山頂)~帝釈山を尾根歩きして富士見峠に下り、長い林道を歩いて志津に戻る周回コース。
09720女峰 024.jpg
志津から林道を歩いていくとやっと見えてきました。
一番右が霧降高原です。一番左が帝釈山で、左から2番目が女峰山になります。女峰に直接登って帝釈山に行って下りるわけです。
山頂近くで日光東照宮の裏道から走って登って来た方と話をしましたがすごいことしますね(笑)。昔は家(今市)から走って往復したこともあるよと仰っていました。



09720女峰 028.jpg
さらに林道を進むとだんだん近づいてきているけれどまだ遠い。男体山から直線距離で7キロ先にあるんだからそれは遠いだろう。
それにしても女峰山はカッコいい姿をしている。山頂部分が切れ落ちているのもよくわかる。
日光の山としては急峻な岩場を持っていて雰囲気が他の山とはだいぶ違う。頂上から帝釈山に向かうヤセ尾根はまるで谷川岳の一ノ倉沢の上の稜線のようである。



09720女峰 035.jpg
それでやっと女峰山への取り付きに近くなります。馬立というのはこの辺ですね。
ここから笹の中を一度大きく下って涸れた沢を渡ると登山口です。





09720女峰 075.jpg
しばらくは針葉樹林帯が続きます。
山頂直下から二本の涸沢が下まで続いており、このガレを何度か横切りながら高度を上げていくことになります。登山道の中心は樹林帯ですが。


09720女峰 064.jpg
針葉樹林の香りというのはやっぱり気持ちがいい。
しっとりとした湿度と清々しい風、木から酸素が出ているのを感じられる。そこに身を置いていると体が浄化されていくよう。ブナなどの落葉樹が多い谷川岳あたりだとこの感じはない。







続きを読む


nice!(11)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。